カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

スポンサーリンク

カナダの都市バンクーバーではゲイ・レズビアンのカルチャーが熱い!これは僕がゲイだって言っているわけではなく(僕はストレートです。ただし同性愛者を強くサポートしてますよ!)、バンクーバーの住人はゲイやレズビアンに対して日本に比べものにならないほどオープンで、それにまつわるお店やイベントがそれだけ多いってことです!!

スポンサーリンク

ゲイストリート!?

バンクーバー中心街の一角にはゲイ・レズビアンの集まる場所、通称『ゲイストリート』なるものがあり、そこでは、男性同士仲良く手を繋いでショッピング楽しむカップルや、カフェで女性二人とっても近い距離でお話ししているカップルなど、あらゆる種類のカップルが目に入る。もちろん、このような幸せに満ち溢れている同性カップルは『ゲイストリート』以外にも、電車やバスの中を含め、バンクーバーではどこにでもある日常風景。中には男性同士、道端でチュッとやってる姿を見かけることも。

僕もこちらに来て間もない頃は『うぉー!なんじゃそりゃー!』と思ってイチャイチャするカップルをジロジロ見ちゃいましたが、周りを見渡しても誰も気にとめていません。ここの人達からすればなんてことのない日常なのです。

そして気づけばそんな僕も、数週間、数ヶ月間バンクーバーにいれば、男二人がチュッチュしてても「お、やってるねー♪」って微笑み、心の中がむずかゆくなるくらいになりました。愛の形はどんな形でもオッケー。本人が良ければそれで良いではないですか。そんな思いで僕はゲイやレズビアンの人を心からサポートしています。まだアクションを起こていないのですが、そろそろゲイ・レズビアンのコミュニテイに関わることができればなあと考えているところです。

つづきはこちらから↓

カナダの都市バンクーバーではゲイ・レズビアンのカルチャーが熱い!これは僕がゲイだって言っているわけではなく(僕はストレートです。ただし同性愛者を強くサポートしてますよ!)、バンクーバーの住人はゲイやレズビアンに対して日本に比べものにならないほどオープンで、それにまつわるお店やイベントがそれだけ多いってことです!! ...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で