【海外行ってみた】あなたにとっておっぱいはどう味わうものですか?:越南誤報 Vol.2

スポンサーリンク

はじめましての方もそうでない方もどうもこんにちはmoonariaです!

エロスと料理とフェティッシュと、都市伝説とサブカルチャー、それがあたしの生きる道!

ということでベトナムを中心に東南アジアのゆるゆるで引きこもりな日常をお届けします。

さて、今回は老若男女古今東西を問わずみんな大好きなおっぱいの話をしますね。

スポンサーリンク

おっぱい

ある日、あたしがアニメ『だがしかし』を視聴中のことでした。

ヒロインの枝垂ほたる姐さんが、おっぱいアイス

(たまごアイスとか爆弾アイスとかいう呼び方もあるけど、そんな気取った呼び方をする人間は信用できません!)

を片手に

「おっぱいはね……おっぱいは食べるものじゃなくて吸うものよ!」

と、主人公のココノツくんに突きつけるシーンがあるんですけど、それを観ていたベトナム人男子(下手な日本人より日本語が上手なパーリーピーポー)が

チッチッチッ、と顔の前に指を立てて

「日本人はおっぱいをただ吸うだけかもしれないけどなぁ、ベトナム人はおっぱいを食べるものなんだよ。切り刻んでヤキ入れてカシガシ噛み砕いて食べつくすそれがベトナム人というものなんだぜ」

と、思いっきりドヤ顔されました。

「おっぱいは吸う派?食べる派?両方だろ!」

と。

とはいえ、こんなアブない発言をぶちかましている彼は別に猟奇的で残忍な性癖のサイコパス野郎ではありません。

これは生きている人間の女の子のおっぱいに対する話ではありません。

彼が言っている

「切り刻んでヤキ入れてガシガシ噛み砕いて食べるおっぱい」

は、ベトナム人ならみんな大好き!な『ヤギのおっぱい焼肉』のことです。

これ、日本ではまず食べられません。

たまにホルモン専門店で、『チチカブ』って名前で提供している店もありますが、大抵は牛か豚のおっぱいです。

有料記事のつづきはこちらから↓

はじめましての方もそうでない方もどうもこんにちはmoonariaです! エロスと料理とフェティッシュと、都市伝説とサブカルチャー、それがあたしの生きる道! ということでベトナムを中心に東南アジアのゆるゆるで引きこもりな日常をお届けします。 さて、今回は老若男女古今東西を問わずみんな大好きなおっぱいの話をしますね...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で