【海外行ってみた】海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

スポンサーリンク

私は20歳の時にロサンゼルスに移って今年で6年目になります。高校生の頃オーストラリアに1年留学したり、ミクロネシア連邦という島国に短期留学したり、在日米軍基地で働いたり、幸いにも異文化に触れる機会が多い環境で育った私の経験と考えを、未熟ではありますが、シェアしていけたらと思ってます。

今までの私の経験を通して私が思う事は、若いうちに海外に出て、自分が生まれ育った環境と全く違う環境に身をおく事は、本当に良い意味でショッキングで、刺激的で、わくわくな出来事の連続で、英語でいうとEYE OPENING =目を覚まさせてくれる、お金に変えられない経験になります。自分の慣れ親しんだ環境を離れて初めて自分の居た環境が客観視できて、そのありがたみがわかります。

そんなこんなで第一回目は、私の経験を通して学んだ海外生活をする上での心構えについてお話しますね。

スポンサーリンク

1. 自分の常識が万国共通の常識だと思ってはいけない。

これは説明しなくても分かるかも知れませんが、違う国、違う土地、違う文化の中で生活するんだから、それに伴って今まで日本で通用してた常識は、その土地では常識ではないこともあります。自分の中での常識のままのマインドでいると、ずれが生じたときに自分にストレスがたまる一方になってしまいます。

例えばロスでは、バスなんて日本みたいに時間通りくることなんてほぼ無いです…汗。でも仕方ない!ロスはまず車社会だし、そのせいで渋滞やばいし。だから仕方ない!それがロスでは逆に常識なんですね。だから、ぐちぐち言ってないでさっさとそれを受け入れて、気楽に待つか、早めのバスに乗るか、他の方法を考える。そんな風に臨機応変にやっていかないと逆に大変ですからね。郷に入っては郷に従う精神で乗り越えましょう。

2. 相手の国籍、見た目でその人の人柄を決めつけない。

つづきはこちらから↓

私は20歳の時にロサンゼルスに移って今年で6年目になります。高校生の頃オーストラリアに1年留学したり、ミクロネシア連邦という島国に短期留学したり、在日米軍基地で働いたり、幸いにも異文化に触れる機会が多い環境で育った私の経験と考えを、未熟ではありますが、シェアしていけたらと思ってます。 今までの私の経験を通して私が思...

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で