【海外行ってみた】ロサンゼルスのオフィスならペットと一緒に出勤できる!? :夢を追いかけて-アメリカ生活-vol.3

スポンサーリンク

私がこの世で愛してやまないもののひとつ。

わんこ!!!

動物全般基本的に好きなんですが、もうわんこがたまらなく好きなんです。

今回は私が住むカリフォルニアのペット事情についてお話しますね。日本とは少し事情が違うので。

ここカリフォルニア州ではかなりの確率でペットを飼っている人がいます。

ほとんどの人は犬か猫を飼っていて、犬好きな人は自分の事をDOG LOVERと呼び、猫好きな人はCAT LOVERと呼びます。

ここロサンゼルスは動物愛護者も多いので動物同伴OKなお店や、ペットと一緒に出勤OKな会社も多くあるんです。わたしの働くサロンでも事情があれば、同伴出勤おっけー。わたしのお客様の数名は毎日飼い犬達とオフィスに出勤しているようです。レストランやカフェなどは衛生面上、テラス席のみペット同伴OKな所が多いですが、動物が身近にいる事に慣れているせいか、周りの人も結構温かい目で見てくれます。

さて、私の予想だとふたりに一人はペットを飼ってるロサンゼルスのみなさん。どーやって愛するペットを見つけだすんでしょうか。

アメリカにはシェルターと呼ばれる動物保健所がありまして、日本では保健所というと汚くて訳ありの動物達が収容されているようなイメージで、あまり身近じゃないかもしれませんが、アメリカではほとんどの人がシェルターから動物を引き取って一緒に暮らすというスタイルが最も多いんです。

迷子になって誰かに発見された子達、どこかで生まれたけど引き取り手が見つからなかった子達、または色んな事情で飼えなくなってしまった飼い主に連れられてシェルターにやってくる子達など、色んな事情でみんなシェルターにやってきます。

シェルター付属の獣医さんから健康診断を受けて、予防注射をされて、狭い檻の中にいれられ、新しい飼い主さんが見つけ出してくれるまで祈るように泣きながらじっと待つんです。

つづきの有料部分はこちらから↓

私がこの世で愛してやまないもののひとつ。 わんこ!!! 動物全般基本的に好きなんですが、もうわんこがたまらなく好きなんです。 今回は私が住むカリフォルニアのペット事情についてお話しますね。日本とは少し事情が違うので。 ここカリフォルニア州ではかなりの確率でペットを飼っている人がいます。 ほとんどの人は犬か猫...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で