ニューヨークの新年、テイラースウィフトが現れて生歌を披露!:カナダってナンダ?-社会人辞めて、自由人になる- Vol.4

スポンサーリンク

去年の今頃は、日本帰国でバタバタしてたなぁ。帰国してからのこの1年も日本の生活を取り戻すのに時間がかかり、あっという間でした。笑

2年前はトロントに来てからの時差ボケも直り、ホームシックからも解放された頃。しかしトロントは寒くて、学校行く以外は何にもしたくないーーーーって状態。

そんなある日、語学学校でとある広告を目にする。

それが、ニューヨークニューイヤーカウントダウン バスツアー!

そう、トロントは隣があのアメリカ・ニューヨーク。ファッションと映画好きなわたしの憧れの地です。前にもお話ししましたが、トロントにワーホリした目的はニューヨークに行くためでしたから。笑

サラジェシカパーカーとザックエフロンなどが出ている映画「New Years Eve」を見ていたわたしは、生きているうちに一度は絶対ニューヨークでカウントダウンしてやろうと思ってました。ここでまさかのチャンス到来!行かないわけない!

バスツアーということもあり、結構安い。日本から行くとなるとホリデーシーズンは高い!でも、確かこのツアーはCA$360-450くらいだったような・・・(忘れました。)

さっそく語学学校で仲良くなった日本人の女友達と一緒に行くことにした!

バスツアー当日、何日もかかったシェアハウス探しを終え、トロントシティーホール前で生涯最初で最後のスケートをし(かなり下手くそ)いざ、夜行バスで出発!

トロントからニューヨークはバスで12時間!途中、ナイアガラの滝があるバッファローという場所が国境のため、税関を通ります。

そこからは、本当にニューヨーク着くの?ってくらいな田舎(牛が放牧されてる)をバンバン飛ばしていくバス。。。たまに休憩でインターチェンジみたいなとこ止まってくれるんだけど、何もなさすぎて怖い!真っ暗だし。

結局バスで爆睡してると、気付けばニューヨーク・マンハッタン☆

初めてのニューヨークへ、まさかバスで行くとは。未だに飛行機でニューヨークに行ったことがありません。笑

バスツアーでまずはホテルへ。安いツアーのため、ダブルベッドが2つの部屋に4人で泊まる。わたしは友達と二人で行ったため、知らない女性2名と相部屋というわけ。結局夜まで遊ぶし、寝るだけだから特に問題はない。

一応ツアーのため、自由時間とツアーの時間もある。ニューヨークの主要観光スポットはバスで案内してくれる!

しかし基本、団体行動が大嫌いなわたし。案内してくれるのはありがたいが、ここで抜け出します。(許可は得ています。笑)

なぜなら、今回の目的はカウントダウン!いい場所を確保するには、最悪でも9時間前にはタイムズスクエアに行く必要があるから!!!!!

ここでアドバイス。タイムズスクエアに一度入ると出れません。入る際に警察によるボディチェックがあり、いくつかゲートに分けられているため、一度このゲートを出たら戻れないシステム。つまり、トイレにも行けない!そう、みんなオムツをします。恥ずかしいですが、漏らすよりマシです!!!それと、水分補給は何時間も前から控えましょう。どこのトイレも大行列です。ちなみにオムツもどの薬局も売り切れで探すの苦労しました。(結果的に9時間トイレに行かなくても大丈夫だったけど)

世界中から人が来ているニューヨーク。とにかくすごい人で、ゲートに入るのも戦争。人をかき分けていく技は、東京の通勤ラッシュで慣れているおかげか結構いい場所に行けました。

しかし、ここからが本番。この時期のニューヨーク、めちゃくちゃ寒い!!!!!なのに、カウントダウンまで9時間もある!!

タイムズスクエアにはステージがあり、パフォーマンスが繰り広げられてるが、実際知らない人ばっかり!知ってる人(超有名人)が出てくるのはカウントダウン直前。一応、毎時間世界各地のカウントダウン(時差があるため)をするけど、それもすぐ飽きる。

それでも、セルフィーを取ろうとすると写り込んできたり、どこから来たのか話しかけてくれたりと、ここでも国際交流が繰り広げられてました。英会話、大事です。

ニューヨークのカウントダウンは生中継していて、テレビでも見れる。あちこちでインタビューもしてたりして、それを見ているのも面白いかな。

この9時間を最高の一瞬のためになんとか乗り越え、カウントダウンの約15分前。やっとわたしの知ってる人が登場。

なんと、この年のトリは、テイラースウィフト!

つづきの有料部分はこちらから↓

この前海外のネット記事を漁っていて驚いたのですが、アメリカ人の子どもが自分の親にタトゥーを入れたということを報告するという内容の動画があったのですが、その中で子どもたち(と言っても、たぶんほとんど成人した大人たち)が「タトゥー入れたんだ」と親に報告したらめちゃくちゃ親御さんにキレられていたんですね。中には子どもをバシ...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で