週一更新で、雑誌の可能性が広がる:海外行ってみた編集後記Vol.20

スポンサーリンク

海外行ってみた記事の更新頻度を上げるシステムに移行してみようかなと思っています。行ってみたメンバーの話を聞きながら徐々にね。

具体的に言うと、それぞれの行ってみたメンバーは週に1回の短い無料記事(or 投げ銭)を月に3回配信し、最後週に当たる更新日のときに有料記事を配信するという形です。

1つ1つの記事の内容はライトになるので、その分多くの人に読んでもらえるというわけです。

さらに言えば、今までが月一更新だったために、行ってみたメンバーのみんなはそこに思いの丈のすべてをぶつける結果になってしまっていたと思います。それが月に4回更新となることで書く方としてももっと気軽に文章が書けるようになるし、よりパーソナルなこととかより日常に近い自分の体験が語れるという効果もあるだろうと思っています。

書き方の一例として、月のテーマを設定しそれについて一ヶ月間の文章をみんなに書いてもらうというものを考えています。

たとえば「海外の食べ物」となった場合は、海外の食べ物や食事のときのマナーや文化、レストランや日本食の存在の話などを週に1度してもらって、月末週の有料記事のときに総括として話をまとめる。あるいは有料部分でしか聞けないような興味深い話をするというものです。

現在の行ってみたメンバーが僕を含めて6人なので、週一サイクルで雑誌を回していくと、ほぼ毎日記事をみんなに向けて配信できるということになります。これ、かなり理想的な形です。

そしてもう一人、二人行ってみたメンバーを増やして完全に毎日更新システムにすることも視野に入れて進んでいこうかなとも思っています。たくさんの海外生活経験者がいて、いろいろな国の話が聞けた方が楽しいものね。参加してみたいな!と思った方はコメントください^^

元のリンクはこちら↓

海外行ってみた記事の更新頻度を上げるシステムに移行してみようかなと思っています。行ってみたメンバーの話を聞きながら徐々にね。 具体的に言うと、それぞれの行ってみたメンバーは週に1回の短い無料記事(or 投げ銭)を月に3回配信し、最後週に当たる更新日のときに有料記事を配信するという形です。 1つ1つの記事の内容はラ...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で