ベトナムの正月は二度来る その2:越南誤報 第5報【海外行ってみた】

スポンサーリンク

どうもmoonariaです!

皆様はおせちって好きですか?

あたしは大嫌いです。

というより一年で一番正月が嫌いでした。

ベトナムに来てからは、正月の楽しみ方というのもそれなりに覚えることができたので、今はもう嫌じゃないけど、日本で正月過ごせって言われたら、やっぱり今でも泣くほど嫌ですね。

理由の一つはもちろんおせち。

今はもう嫌じゃなくなったのは、ベトナムの正月は二度あるから

「友達とワイワイ新暦の正月」

「家族でのんびり旧正月」

と使い分けができるところが素晴らしいですね。

そして、ベトナムの正月料理って、普段とそう変わらない、良い意味で頑張ってないごちそうなところが好きです。

スポンサーリンク

ベトナムの正月料理

1,甘くない緑豆あんと豚角煮をバナナの皮で包んだちまき

2,同じくバナナの皮で包んだハム。

(ガチでどこの市場も閉まるから、これらが長い間、正月に食べられていた理由は、純粋にバナナの皮の防腐作用という実用的なところも大きいですね)

これらは普段もローカルの居酒屋に行商人が売りに来るような感じの普通の食べ物ではあるんだけど、やっぱり食べると正月気分盛り上がりますね。

この2つって、単体で食べるとまぁ普通に美味しい程度なんだけど、一緒に食べると合う!

正月料理なのに甘くないところもあたしにとっては高ポイントです!

3,スイカ

スイカって日本じゃ夏に食べるものだと思っていたけど、ベトナムでは、雨季が終わり、乾季が来て、そろそろ正月か、ってときに並び始める食べ物なので、もうすっかり

「スイカだ! ってことは今年もそろそろ終わりか早いなぁ

としみじみするようになりました。

スイカは外で食べると赤いところ(おまけ)しか食べられないので、家で切って白いところを漬物(メイン)にして食べるのが好きです。

オバQや志村けんのスイカ一気食いに憧れた昭和男子は、一口カットスイカを異様に嫌がるけど、あたしは白いところを漬物にしたいから皮と実は最初から分けて切りたい!

そしてお互い歩み寄った結果、大ぶりに十口サイズのドデカットスイカと皮の漬物というスタイルに落ち着きました。

昭和生まれの彼氏及び旦那がいる女性は是非このスタイルお試しください。

4,ケース買いのペプシ

元のリンクはこちら↓

どうもmoonariaです! 皆様はおせちって好きですか? あたしは大嫌いです。 というより一年で一番正月が嫌いでした。 ベトナムに来てからは、正月の楽しみ方というのもそれなりに覚えることができたので、今はもう嫌じゃないけど、日本で正月過ごせって言われたら、やっぱり今でも泣くほど嫌ですね。 理由の一つはもち...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で