感謝を与える日?夢を追いかけて-アメリカ生活-vol.5【海外行ってみた】

スポンサーリンク

少し前の話になってしまいますが、

アメリカでは毎年11月の4週目の木曜日にはThanksgiving day(サンクスギビング)

という祝日があって、直訳すると”感謝を与える日”となりますが、

日頃の当たり前に思ってる事を見直して、感謝気持ちを、家族で集まって七面鳥を食べながらお祝いします。

家族がこちらにいない私は毎年何をしようか悩みますが、

今回はホームレスのシェルターでボランティアをさせてもらうことにしました。

日本でのホームレスのイメージはなるべくひっそりと、周りとの接触を控えて生きているような気がしますが、

アメリカでは町を歩けばそこら中にホームレスがいて、日本とは違って結構堂々と

『仕事がなくなりました。』

『子供を養わなきゃいけないんです。』

『何か恵んでください。』

と話しかけてきます。

ホームレスシェルターという、夜ホームレスが無料で食べ物をもらえたり、寝泊まりできる宿もあります。

今回私が参加したイベントは、非営利団体がやっている、キリスト教の教会でホームレスに温かい食事を提供するというイベントでした。

ボランティアのシェフの人たちは前日から仕込みを始めて、私たちは当日会場の飾り付け、テーブルセッティング、配膳、片付けをしました。

多分ホームレスの方々60人、ボランティア25人位の割合だったかな。

うつむき気味で目を合わせない人から、

感謝の気持ちをみんなに伝えたいためにマイクの取り合いをする人たちから、

犬をかばんに忍び込ませて入ってきた人から、

歯がなくなってしまっているので、なんて言ってるのか理解が難しかった人から、

野菜はいらない野菜はいらないと野菜は食べたくない人から、

髪の毛が綺麗に染められている女の人から、

iphoneを使いこなしてアマゾンの話をしてる人から…

見た感じではホームレスだと分からないような人たちもいっぱいいました。

それぞれの事情は、こちらからは聞いてはいけないという決まりだったので事情は分かりません。

元のリンクはこちら↓

少し前の話になってしまいますが、 アメリカでは毎年11月の4週目の木曜日にはThanksgiving day(サンクスギビング) という祝日があって、直訳すると"感謝を与える日"となりますが、 日頃の当たり前に思ってる事を見直して、感謝気持ちを、家族で集まって七面鳥を食べながらお祝いします。 家族がこちらにい...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で