ちょっと待ってそこのイケメン何かおかしいよw:オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.10【海外行ってみた】

スポンサーリンク

語学学校に通っていた頃は、住まいも街中でした。通学路はビジネス街を通って、多分世界で1番お洒落なH&Mの前が私の学校でした。

日本と同様に、こっちのオフィスワーカー達もスーツを着ます。
だけど、合わせるカバンはリュック。特によく見るのは、ジムの入会か何かで貰える簡易なもの。しかも、結構みんなボロッボロ!!!!(笑)安ピンでつなぎ留めてたり、チャックがちゃけてても何ら気にしないオージー達。

昨日出会った友達も、ナイキのバックパックをキーチェーンで留めて使っていて、「ナイキは中々大きいサイズを作らないから気に入ってるんだ!」と言っていたけれど、そんな私が持っているナイキのリュックは彼よりも大きかったぞ(笑)

でもね、やっぱりみんなイケメン&美女ばかり!!!

そんなオージーのファッションには更に疑いの目を持つことに。

足元ビーサン(笑)(笑)

ちゃんとカバンにはピンヒールとか仕込ませてるんですよ!!!

いやーこの位ラフで自由なオージー達が私は好きです(笑)

次週からはちょっと真面目な人生観の話しようかと思います。そういう話、好きなんだよねぇ。

皆さんは人生満足してますか?

元のリンクはこちら↓

語学学校に通っていた頃は、住まいも街中でした。通学路はビジネス街を通って、多分世界で1番お洒落なH&Mの前が私の学校でした。 日本と同様に、こっちのオフィスワーカー達もスーツを着ます。 だけど、合わせるカバンはリュック。特によく見るのは、ジムの入会か何かで貰える簡易なもの。しかも、結構みんな...

●海外生活の記事まとめページ

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で