『こんなもの食えんのか?!』っていうカナダの食べ物紹介 Vol.6 by Yas【海外行ってみた】

スポンサーリンク

アメリカやカナダに住んでると『ナンジャコリャ!!食い物なのか?!』ってものに出くわすことがよくあります。

私が日々生活していく中で発見した、食い物なのか何なのかワカンナイものたちを今日は写真と共に紹介していきますよーい。

それでは参りましょう。

【色鮮やか!!】カラフルな食べ物シリーズ

『白くてつまらないタマゴに飽きたあなたにはコレ!ピンクエッグ!』

このいかにも体に悪そうな色したタマゴはなんなのでしょう。一般的なニワトリのタマゴより若干大きいし。表示を見てみると鴨のタマゴのようです。ピンクの色も薄汚れてるし、よく見ると隣の白いタマゴもなんか汚いし。買ってみて挑戦したかったのですが、ビビりました。次こそは買ってみるぞ!!ちなみに、このタマゴは家の近くの薄汚いフィリピン系スーパーに売ってました。

『真っ白なコメは最高のキャンバス。何色にも変幻自在!』

これらはベトナム系の食品屋さんに売ってました。どうしてこんな色にしたのかは全然わかりません。日本で言う所の赤飯みたいな立ち位置の、めでたい時に食べるものなのでしょうか。それとも日常的に食べるものでしょうか。お菓子みたいに甘いものなんでしょうか。それとも観賞用?うーん、謎です。

『着色料なんて気にしねーぜ!楽しけてばそれでいいのさ』なマシュマロ

ものすんごい色でペイントされたマシュマロたち。ハロウィンのシーズンに売っていたものたちです。一つあたり1.5カナダドルなので、日本円で100円ちょっとですね。子供が食べるものでしょうが、着色料バンバンザイなお菓子ですね。イベントごとなんだから健康なんて関係ねえ!ってことなんですかね。

『お気に入りのドーナツ?ミント味に決まってんだろ!』なドーナツ

ミントチョコがかかったブラウニードーナツ。ミントとかブラウニーとかドーナツとか、とりあえずそこらへんの食べ物を『ギュッ!』と一つにしてしまったドーナツです。カナダ人なら誰もが知っているカフェ、Tim Horton’sに売っていたもの。グリーンのミントチョコに乗ってる赤い砂糖が良いアクセントになってる、よだれダラダラ必須なドーナツです!

『パーティーで手軽に食べるには最高!』なカラフルミニマフィン

手のひらサイズのカップケーキです。アメリカではそこらへんにある一般的なスーパーで売ってます。カラフルなクリームの上にはカクテルグラスのオブジェが乗った、パーティには持ってこいな仕様になってます。

スポンサーリンク

ちょいグロ、そのまんまやないかーい!シリーズ

『ナウシカのオームはカナダにいた!』って感じのロブスター

市場の魚コーナーに売ってました。ロブスターの尻尾が山のように盛られています。尻尾だけこんなに盛られていると、ナウシカのオームというか、でっかいイモムシというか、ロブスターには見えないですね。この中からデッカいアゲハ蝶が羽化してきてもそんなに驚きはないかもしれないです。まあ、ロブスターなんで味は格別なんでしょう。

『生きたまま瞬間冷凍しました!』って感じのチキン

つづきの有料部分はこちらから↓

アメリカやカナダに住んでると『ナンジャコリャ!!食い物なのか?!』ってものに出くわすことがよくあります。 私が日々生活していく中で発見した、食い物なのか何なのかワカンナイものたちを今日は写真と共に紹介していきますよーい。 それでは参りましょう。 【色鮮やか!!】カラフルな食べ物シリーズ 『白くてつまら...

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で