ベトナムのわんこ:越南誤報 第7報【海外行ってみた】

スポンサーリンク

さて、正しいベトナムの人達は、だいたいクリスマス前から休んで、3月くらいまで休み続けるのが、ただしいお正月なのですが、もうそろそろ日本は入学式や卒業式の季節だろうから、今月は正月ネタやめときます。

というわけで美味しく、楽しく、気持ちよくが人生のモットーなmoonaria(ムーナリア)が今月も、偏って、間違って、役に立たなくて、エレガントに意識低いベトナム情報を皆様にお届けします!

ベトナムの南部は、年中温暖な気候なせいか、オープンテラスの店が多いわけですが、そういう店に看板わんこがいることが結構多いです。

あたしは夜のライブバーにしょっちゅう出没する割に、ウェーイでパリピな人達にどうも気後れしてしまって、そばにいて居心地よいのはばーちゃんと部族の子とLGBT系とわんこばかりという体たらくでして。

ベトナムのわんこの何が可愛いって、日本のわんこみたいに人間に媚びたりやかましくしたりしないとこが可愛いのです。

そして、全体的に頭良いですね。日本のわんこに比べると格段に。

あとすっごく個性的!

やっぱり、犬食文化があって、犬泥棒なんていう犯罪が存在するような土地なので、危険な人を見分ける目が自然と鍛えられるせいなのかな?なんてあたしは思うわけです。

つづき、元のリンクはこちら↓

ベトナムのわんこ:越南誤報 第7報 (有料部分)

●『海外行ってみた。暮らしてみた。』マガジン

●オーストラリアに住み始めたキッカケは、 『海外に行きたい』がスタートではなく、『日本が嫌い』だったから。: オージーLife~住んで旅する25歳ワーホリメーカー~Vol.1

●なんで海外行ったの?:カナダに行く前に、米軍基地に行ってみた!Vol.1

●肉体という国境を安全に旅するために必要な、ワンナイトラブのパスポート、その名はコンドーム。:越南誤報 Vol.1

●海外生活の心得:夢を追いかけて -アメリカ生活- vol.1

●カナダのゲイ・レズビアン事情 : アメリカ&カナダ Vol.1 by Yas

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で