アメリカでメキシコ料理を作ってみた:夢を追いかけて-アメリカ生活-vol.7【海外行ってみた】

スポンサーリンク

前回の記事「アメリカの庶民派スーパーTARGETに行ってみた」にもちょろっと書きましたが、カリフォルニアはメキシコと隣り合っているためにメキシコからの移民も多く、メキシカンレストランやメキシカン風の建物やお店や、町の名前も歴史的にもメキシコに沢山の影響を受けていたり、メキシコの文化が混じってこそのカリフォルニアでもあります。

カリフォルニア内にあるサンディエゴ市の南端まで行くと、メキシコとの国境になっていて、徒歩又は車で行き来できるようになっています。ゲートを超えた向こうはメキシコのティファナです。

私の住むロサンゼルス市も、お店や道のちょっとした標識なども英語とスペイン語両方で書かれていたりします。

それにちなんで今回は、家の近くのメキシコスーパーで食材を調達して、メキシコ料理の母の味、トルティーヤスープを作ってみました。

スポンサーリンク

トルティーヤスープの材料はこちら

みじん切りにしたニンニク、タマネギ、ハラペーニョペッパーを油で炒めて、

いい感じに火が通ってきたら水とスープだしとトマト缶を入れて少し煮込みます。

塩、こしょう、クミンで味を整えたら、缶のホミニー、コーンを入れて少し火を通し、最後に黒豆を加えて出来上がりです!

簡単でしょ♡

ここで!ホミニーとは、メキシコ料理で使われる、大き目のトウモロコシの実を乾燥させて、石灰水などで煮た独特な食べ物です。私は日本に居る時は見た事も聞いた事もなかった食べ物です。

ぼそぼそとぷりぷりしたような、何とも言えない食感で、仄かにトウモロコシの香りがするようなしないような…謎な感じの食べ物ですが、私は結構好きです!

出来あがったスープに薄く切った赤ラディッシュ、アボカド、ライム、ハラペーニョペッパー、パクチーを盛りつけて出来上がり♡

ちなみにこの五種類のトッピングは、メキシコ料理でよーーーーーーく使われる食材です!

つづきの有料部分、元のリンクはこちら↓

前回の記事  にもちょろっと書きましたが、カリフォルニアはメキシコと隣り合っているためにメキシコからの移民も多く、メキシカンレストランやメキシカン風の建物やお店や、町の名前も歴史的にもメキシコに沢山の影響を受けていたり、メキシコの文化が混じってこそのカリフォルニアでもあります。 カリフォルニア内にあるサンディエゴ市...

●海外生活の記事まとめページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で